新潟で家づくりをはじめる前に見るブログ

にいがた家づくりLABO

家づくり アフターサービス

多額の補修費用にご注意!住んでからも安心のアフターメンテナンス

投稿日:

こんにちは!ハーバーハウス編集部の工藤です!
今回はハーバーハウスの「アフターメンテナンス」についてご紹介します。

ハウスメーカーの役割は、
お客様のご希望に沿ったお家づくりを行うことはもちろん、
ご家族が安心して暮らせるようにサポートしていくことだと私たちは考えています。

そのためハーバーハウスでは、
アフターメンテナンスを専門に行うチームを社内に置き、
お引渡し後の安心をお約束します!


24時間365日サポート

24時間365日受付可能なコールセンターをご用意して、迅速にトラブルに対応します!

※ご依頼時はお客様氏名、ご住所、ご連絡先をお伝えください。
※電話対応を含むサービス向上の為、会話は録音させて頂きます、予めご了承ください。
※緊急の案件につきましては協力業者が直接お伺いする場合があります。
※内容により有償となる場合がありますので、予めご了承ください。




計3回の定期点検

お引渡しから半年後・1年後・2年後の計3回、定期点検を実施しています。
外壁から水回り、建具、その他お客様のお困りごとなど、
幅広く専門スタッフが対応しますので、気になることは何でもお気軽にご相談ください!

【点検箇所の一例】
◆外壁
仕上げ材等の著しいひび割れまたは欠損/腐食等の有無/シーリング材の著しい破断・欠損・劣化等の有無
◆キッチン
水・お湯の出具合/換気扇からの異音の有無/排水管からの水漏れの有無
◆内装
床の著しい沈みの有無/床仕上げ材の著しいひび割れ・欠損・はがれ等の有無/壁・天井の著しい汚れ・はがれの有無
◆廊下・階段
著しい沈みの有無/壁・天井の著しい汚れ・はがれの有無
◆建具
ドア・引き戸・サッシ・網戸の開閉性

簡単な修繕であればその場で、
設備の入れ替えといった大掛かりな作業はリフォーム事業部が担当するなど、
ハーバーハウスグループならではのワンストップの強みを活かしてご対応します。


最長60年!超安心の長期保証

お引渡しから10年間、床の傾きや雨漏りなど、
構造に関する欠陥に対して保険金が支払われる「瑕疵(かし)担保責任保険」が適用されます。
さらに、この保証期間は10年延長することもでき、合わせて20年の長期保証となります。

また、「もっと長く保証してほしい」というお客様向けに、
思い切って最長60年保証を可能にした特別プランもご用意してあります!
興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください(^^)/

お問い合わせはコチラ


「もしも」があってもご安心ください

ハーバーハウスは「JIOわが家の保険」の登録事業社です。
万が一、倒産するような状況になったとしても、
「JIO(株式会社日本住宅保証検査機構)」から保険金が支払われますのでご安心ください。


まとめ

アフターメンテナンスの内容は、ハウスメーカーによって大きく異なります。
どのようなサービスがあり、誰が対応してくれるのか。
余計なメンテナンスコストを掛けないためにも、しっかり契約前に確認しておきましょう!


家づくりのご相談はコチラ

-家づくり, アフターサービス

執筆者:

関連記事

これを読めば失敗しない!? 家づくり体験談 ~収納編~

こんにちは!ハーバーハウス編集部の工藤です!新年度も始まり、マイホーム計画を開始・再開させた方も多いと思います。そこで今回は、某ネットアンケートで「家づくりの中で後悔したこと第1位」にも選ばれた「収納 …

実は多い「アフターサービス」の不満!建てたら終わりじゃない家づくり

長い年月を必要とする家づくりですが、実際に住み始めてからの期間の方が圧倒的に長いことは言うまでもありません。 しかし、本当に満足できる家かどうかは、暮らしてみないと分からないというのが悩ましいところで …

「4号特例」って何?知らないと怖い建築業界の裏話

皆さんは「4号特例」という言葉をご存知でしょうか?過去のブログで、安全な家づくりに欠かせない「構造計算(許容応力度計算)」が、実はほとんどの住宅で実施されていないということをお伝えしましたが、その理由 …

家の悩み|ハーバハウス

「注文住宅」VS「建売住宅」。違いをメリット・デメリットで比較!後悔しないのはどっち?

どうも新潟家づくりLABO編集部の服部です。家づくりを考える中でよく目にする「注文住宅」と「建売住宅」という2つのワードですが、何がどう違うのか?お判りでしょうか?スーツで例えるのであれば「注文住宅」 …

安全性能レベルMAX!知っておくべき「許容応力度計算」のすごさ

ハーバーハウスでは、すべてのお客様に安全な住宅を提供するために最も信頼性の高い構造計算である「許容応力度計算」を全棟で実施しております。 構造計算は「木造二階建て以下の建物」に実施する義務がありません …

家づくりを進めていくなかで
こんなお悩みはありませんか?

提案された間取りが
しっくりこない

最適な住宅プランって?

家の金額が妥当
わからない。

住宅プランに不満

家づくりの
進め方に不満がある

住宅プランに不満

打ち合わせをしているけど
住むイメージが湧かない

住宅プランに不満

今のプランをガラッと
変えてほしいんだけど、
言いにくい・・・。

住宅プランに不満

そもそも、今のプランで
本当に大丈夫か心配

住宅プランに不満

失敗しない家づくり個別相談会実施中!

家づくりの専門家に相談してみる